【初回荒らし】とは? ギャラ飲みでも存在する?

水商売の業界には「初回荒らし」という言葉が存在します。
初回荒らしとは、どのような意味なのでしょうか?
また、ギャラ飲みにおいては、初回荒らしは存在するのでしょうか?
今回は、初回荒らしの意味やギャラ飲みでも初回荒らしが存在するかについて紹介します。

初回荒らしとは?

キャバクラ、ホスト、風俗、パパ活などでは、初回荒らしと呼ばれる人たちがいます。
初回荒らしは、キャスト側を指すこともあれば、利用者であるお客さんを指すこともあります。
初回荒らしは、どのような行為をする人たちなのでしょうか?
キャスト側とお客さん側のそれぞれについて説明します。

キャストの初回荒らし

パパ活の初回荒らしは、初めからパパとお付き合いする気はありません。
初回の顔合わせでお手当代をもらい、その後は音信不通になると言います。
初回荒らしは、パパデビューをした男性ばかりを狙って、初回の顔合わせだけでお金を稼ごうとするのです。
メッセージのやり取りもコピペで済まし、実際に会ってもつまらなさそうに時間が過ぎるのを待ちます。
その後は、連絡先を交換しないまま、そのままサイトを退会してしまいます。
キャバクラでは多くの場合、体験入店をしてからお店で働くかどうかを決めます。
この体験入店を違う店で繰り返すことを「初回荒らし、または体入荒らし」と呼ばれています。
体験入店は給料を日払いで受け取れるため、本入店をする意思がなくても日払いのバイト感覚で体験入店を利用する人がいます。
人間関係やしがらみながなく稼げるのため、キャバクラを転々としてお金を稼いでいると言います。
パパ活もキャバクラも初回荒らしに共通するポイントは、一回限りでその後は消えてしまうことです。
サイトやお店に在籍して活躍するわけではなく、その日のお金が手に入れば良いという思考を持っています。
そのような人は接客態度が雑になることも多く、お客さんとしてはハズレを引いたと思うでしょう。

お客さんの初回荒らし

キャバクラやホストクラブでは、初回の来店は料金が割安に設定されているお店がほとんどです。
初回荒らしは初回の割安料金を目当てに、別のお店を渡り歩くお客さんのことを指します。
リピートする気がなく、次回の来店へ繋がらないため、お店側にとってはメリットがありません。
初回荒らしのお客さんはボトルを入れずに、キャバ嬢やホストの売上に貢献をすることもなく指名すらしません。
初回割引目的で、キャストが忘れた頃にもう一度同じお店に訪れるお客さんもいるようです。
初回荒らしのお客さんの特徴としては、横柄な態度をとる傾向があります。
次の来店はないので、キャストに悪態をついたり、注意されたら逆ギレする人もいるとのこと。
初回荒らしのお客さんは、キャストとお店にとって、なにひとつ良いことはないのです。

ギャラ飲みにも初回荒らしは存在するのか?

ギャラ飲みもお客さんとお酒を飲むという点では、キャバクラ、ホストと同じです。
水商売同様、初回荒らしをするお客さんもいないとは言い切れません。
初回割引をしているギャラ飲みアプリも多く、それを目的でギャラ飲みを利用する人も多くいます。

キャストに関しては、初回荒らしをするキャストはいないのではないでしょうか。
なぜなら、ギャラ飲みは登録しているキャストの数が多いため、ライバルが多く存在します。
一回のギャラ飲みだけでは、あまり稼ぐことはできません。
実際に大きく稼いでるキャストは、お客さんに何度もリピートされています。
ギャラ飲みにおいては、単発で荒稼ぎをする手法は難しいと言えるでしょう。

カワイイ女性とお酒が飲めるのはギャラ飲み!

好きな時や好きな場所で女の子とお酒が飲めるギャラ飲みを利用しませんか?
ギャラ飲みをするならスマート飲み会「はなたば」がオススメです。
スマート飲み会「はなたば」は、他のギャラ飲みアプリよりもリーズナブルな料金でギャラ飲みを利用できます。
登録は「はなたば」の公式ラインを友だち登録するだけで、最短3分で利用可能です。
キャストは、運営事務局による厳正な面談審査を通過したカワイイ女性ばかり。
「はなたば」を利用して、リーズナブルにギャラ飲みを楽しみましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る