カフェの滞在時間、どのくらいが目安?限度は?

少し時間が空いたとき、作業に集中したいときなどにカフェに入ることってありますよね?
コーヒー1杯で数時間カフェに滞在することも・・・。
カフェでの滞在時間の平均は、どのくらいなのでしょうか?
そんな疑問を解決するために、今回はカフェの滞在時間の目安を紹介します。

カフェの滞在時間の目安は?

人気のカフェに訪れたとき、待ち時間があってショックを受けたことはないですか?
店員さんに待ち時間を聞いても、店員さんもわかりません・・・。
カフェとは本来、ゆっくりとくつろぐ場所です。
カフェを訪れる人は、様々なことで時間を使っています。
・友達とおしゃべり
・仕事の資料作成や勉強
・スマホやパソコンでネットサーフィン
・読書
カフェで様々なことをしていると、意外とすぐに時間は過ぎてしまいます。
カフェにはどのくらい滞在していいものなのでしょうか?
お店側としては、とくに時間を決めてない店がほとんどです。
しかし、コーヒー一杯で何時間も居続けるのはマナーとして良くありません。
コーヒー一杯でカフェにいる滞在時間の目安は、30分から1時間がベストでしょう。
様々なカフェの滞在時間の情報を見ていると、どうやらこのぐらいが平均のようです。
もっとカフェに居たいと思う場合は、コーヒーのおかわりや追加注文をするのがオススメです。
追加注文することで、気兼ねなくカフェに滞在することができます。
とは言っても、限度は二時間ぐらいにしといた方が良さそうです。

お店側はどう思ってる?

現在のカフェでは、freeWi-Fiや電源コンセントなどを無償で提供しているお店が多くあります。
そのため、居心地が良くてついつい長く滞在してしまいがちです。
お店側としては、お客さんが長時間滞在することをどう思っているのでしょうか?
経営的に考えると、利益を出すのには回転率や一人当たりの単価が重要になってきます。
コーヒー一杯で長く滞在されると、他のお客さんを入店させることができないので利益率は落ちます。
また、カフェにはそれぞれのスタイルがあるので、オシャレなカフェで勉強をしている人がいると雰囲気が壊れることも懸念されます。
それらの事情もあり、最近では勉強利用のお断りの張り紙などを貼るカフェも増えています。
また、店内が混んでいるときは、来店時に利用時間を伝えているカフェもあります。
世界の代表的なカフェと言えば、スターバックスです。
スターバックスは、公式発表でカフェのあり方について発言しています。
家でも仕事でもない第三の場所として、居心地の良い環境作りを提供する。
スターバックスはこの方針で世界的に成功し、店舗を拡大してきました。
カフェに滞在することは決して悪いことではなく、むしろ当たり前なことです。
マナーを守って、混雑状況などを見ながら利用することが大事なことではないでしょうか。

カフェ利用時には、ココに注意

カフェでは、店員さんの声かけや張り紙の注意書きをよく見て、マナー良く利用すれば何も問題ありません。
しかし、お店が混んでいるときに長く滞在するのは、あまりマナーが良いとは言えません。
カフェの立地によっては、混雑状況が変わってきます。
・駅近くのカフェは、朝の通勤前と帰宅時間が混み合う
・オフィス街のカフェは、昼休憩と帰宅時間が混み合う
・繁華街のカフェは、開店直後以外は混み合う
・ショッピングモールのカフェは、土日休日は混み合う
カフェを利用するときは、その場所の特性を確認してから利用することをオススメします。
また、チェーン店と個人が経営しているカフェでも変わってきます。
チェーン店だと席数が多いので滞在しやすいですが、個人経営のカフェだと店内が大きくないため滞在しにくいことも。
状況や場所を判断しながら、カフェでゆっくり過ごすのがベストでしょう。
空気を読むことが得意な日本人の私たちなら、うまく滞在時間を調整できるのではないでしょうか。

カフェでお茶をしながらお小遣いが稼げるのはギャラ飲み!

空いた時間にお小遣いが稼げるギャラ飲みを利用してみませんか?
ギャラ飲みサービスを展開する「はなたば」なら、安心安全にお金を稼ぐことができます。
はなたばはギャラ飲みをカジュアルに利用できるため、お酒の飲み会だけでなく、カフェやランチ等のギャラ飲みもあります!
・充実した運営サポートがあり、当日の面倒なお金のやり取りは一切なし。
・最低でも4200円が保証され、深夜手当もあり。
・顔出し不要で、見バレの心配もなし。
いつものアフタヌーンティーをギャラ飲みに変えて、お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る