レンタル彼女とギャラ飲み、何が違う? | 共通記事 | コラム | スマート飲み会はなたば

スマート飲み会 はなたば

レンタル彼女とギャラ飲み、何が違う?

2022.06.06

ギャラ女子ギャラ飲み

近年、女性にとって人気の副業であるレンタル彼女とギャラ飲み。
どちらもメディアやSNSなどで、よくテーマとして取り上げられています。
一昔前には無かったジャンルであり、働き方の多様化が進んでいることが伺えます。
レンタル彼女とギャラ飲みには、どのうな違いがあるのでしょうか?
今回は、レンタル彼女とギャラ飲みの違いを紹介します。

レンタル彼女とギャラ飲みの違い ①内容の違い

どちらもお金を払って女性の時間を確保することは一緒ですが、主とする内容が違います。

・レンタル彼女の内容

レンタル彼女は言わば彼女代行サービスであり、その内容は性的サービスを除いたデートをすることです。
食事はもちろん、ショッピングや遊園地、カラオケや映画鑑賞、スポーツ観戦など、ありとあらゆるデートをすることができます。
オプションで浴衣デートや水着でプールデートをすることもできます。

・ギャラ飲みの内容

レンタル彼女が彼女代行サービスなら、ギャラ飲みはコンパ代行サービスと言えるでしょう。
ギャラ飲みの内容は、キャストである女性と一緒にお酒や食事を楽しむことです。
今日は女の子とお酒を飲みたいと思ったら、数時間後には女の子とお酒を飲むことができます。
一対一はもちろん、大人数のキャストを呼ぶことも可能です。

レンタル彼女とギャラ飲みの違い ②相場の違い

レンタル彼女とギャラ飲みでは、価格や時給の相場が違います。
どちらも女性によってランクがあるところが多く、ランクによって価格が変わるシステムです。

・レンタル彼女の相場

レンタル彼女の相場は、1時間の利用で平均6000円ほどです。
キャストの時給の相場は、1時間で平均3000円ほどです。
ギャラ飲みに比べて利用時間が長いので、時間によっては大きく稼ぐことができます。

・ギャラ飲みの相場

ギャラ飲みの相場は、1時間の利用で平均6000円ほどです。
キャストの時給の相場は、1時間で平均5000円ほどです。
深夜手当や延長手当などがつくと、稼げる額がアップします。
平均相場だけを見ると、レンタル彼女よりギャラ飲みの方が多く稼ぐことができます。

レンタル彼女とギャラ飲みの違い ③キャストの稼働時間の違い

レンタル彼女とギャラ飲みでは、キャストの稼働時間が違います。

・レンタル彼女の稼働時間

レンタル彼女の場合、遊園地やデートスポットに訪れるので稼働時間も自然と長くなります。
お出かけ後に食事をするパターンが多く、3時間~4時間ほど利用するお客さんが多いです。

・ギャラ飲みの稼働時間

ギャラ飲みの場合、食事やお酒を一緒に飲むことがメインなので、平均的には稼働時間はそれほど長くはありません。
利用するお客さんは、2~3時間ほどの飲み会が最も多いです。
そのため、ギャラ飲みのキャストは、複数の飲み会をはしごするキャストもいます。

レンタル彼女とギャラ飲みの違い ④客層の違い

レンタル彼女とギャラ飲みでは、利用する客層が違います。

・レンタル彼女の客層

レンタル彼女の客層のメインは、30代から50代の男性です。
家庭がある人も多く、リスクがない疑似恋愛を楽しむために利用する人もいます。
恋愛経験が少ない男性の利用も多く、女性とデートをしてみたい人やデートの練習として利用する人もいます。
ギャラ飲みに比べると常連客がつきやすく、常連客が増えれば大きく稼ぐことが可能です。

・ギャラ飲みの客層

ギャラ飲みの客層のメインは、30代から40代の男性です。
比較的富裕層の男性が多く、経営者や役職クラスの男性が多く利用しています。
一対一の飲み会はもちろん、パーティーや接待などにも利用されることがあります。
たくさんの女性と飲んでみたいという男性が多いので、常連客はつきにくい一方で、
金銭面に余裕がある方が多いため、気に入られると毎週のように長時間のギャラ飲みに呼ばれたりと破格の金額を稼げる可能性があります。

気楽に楽しくお小遣いを稼ぎたいならギャラ飲み!

空いた時間にお小遣いが稼げるギャラ飲みを利用してみませんか?
ギャラ飲みサービスを展開する「はなたば」なら、安心安全にお金を稼ぐことができます。
・充実した運営サポートがあり、当日の面倒なお金のやり取りは一切なし。
・最低でも4200円が保証され、深夜手当もあり。
・顔出し不要で、見バレの心配もなし。
いつもの飲み会をギャラ飲みに変えて、お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか?


新規登録はこちら