SNSで差をつける!盛れるアングルを紹介 | 共通記事 | コラム | スマート飲み会はなたば

スマート飲み会 はなたば

SNSで差をつける!盛れるアングルを紹介

2022.05.23

SNSファッションモテ

自撮りで盛るときに、気をつけていることはありますか?
自撮りをするときは表情やポーズ、光の調節などの様々なポイントがあります。
そのなかでも、最も自撮りで重要視したいポイントはアングルです。
アングルを意識することで、魅力的に見えて盛れる写真を撮影することができます。
今回は、SNSで差をつけれる盛れるアングルのポイントを紹介します。

盛れる自撮りは、斜め上が鉄則!

自撮りをするときは、スマホを斜め上に構えるのが鉄則です。
斜め上にスマホを構えることで、自然と上目遣いになり、瞳が強調されて目が大きく見えます。
また、顔の輪郭がシャープに映るので、小顔効果も得ることができます。
逆にスマホを下に構えてしまうと、二重アゴのように見えてしまいます。
目線も下がってしまうので、暗い雰囲気の印象をあたえてしまいます。
自撮りをするときの角度は、45度がベストと言われています。
45度にスマホを傾けて自撮りをすることで、好印象をあたえることができます。
また、スマホの角度にプラスして、あごの角度を変えるとガラリと印象が変わります。
あごを引くことで、目が大きく見える効果もあり、可愛らしいさを演出できます。
自撮りをするときは、斜め上から撮ることやあごの位置を意識しましょう。

撮影する位置によって効果が変わる

自撮りは撮影する位置によって、雰囲気や印象がとても変わります。
上から撮るのか下から撮るのか、はたまた左右からとるのか?
それぞれの効果を理解して、自分が可愛く見える位置を探しましょう。

上から撮影する

上からの角度で撮影すると、フェイスラインがすっきりします。
また、目元が強調されて目が大きく見え、可愛らしい印象になります。
ひとつのパターンとして、寝転んで撮ることもオススメです。
寝転んで撮ることで、顔の大きさをごまかせたり、シワなどがあまり目立ちません。

下から撮影する

下からの角度で撮影すると、大人っぽい印象になります。
全身を撮影するときは、脚が長く見える効果もあります。
顔だけの場合は顔が大きく見えることもあるので、少し横を向いたりすると顔のラインがよく映えます。

左右から撮影する

左右から撮影すると、鼻筋が目立ち、あごのラインがキレイに見えます。
大人びたクールな印象を演出したい場合におすすめです。
また、人の顔は左右非対称と言われています。
右、左のどちらで撮るかによって、写真の印象が変化します。
まずは鏡などで自分の顔をチェックして、どちらが魅力的に映るか確認してみましょう。

美意識を高めて、ギャラ飲みでお小遣いを稼ごう!

空いた時間にお小遣いが稼げるギャラ飲みを利用してみませんか?
ギャラ飲みサービスを展開する「はなたば」なら、安心安全にお金を稼ぐことができます。
・充実した運営サポートがあり、当日の面倒なお金のやり取りは一切なし。
・最低でも4200円が保証され、深夜手当もあり。
・顔出し不要で、見バレの心配もなし。
いつもの飲み会をギャラ飲みに変えて、お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか。


新規登録はこちら