水商売はお酒が飲めなくてもできるのか? | 共通記事 | コラム | スマート飲み会はなたば

スマート飲み会 はなたば

水商売はお酒が飲めなくてもできるのか?

2022.06.21

お店水商売

水商売は、お客さんとお酒を飲んで接客をするのが普通です。
そのため、水商売の業界ではお酒に強いキャバ嬢やホストはたくさんいます。
では、お酒が全く飲めなかったら水商売はできないのでしょうか?
今回は、水商売はお酒が飲めなくてもできるのか?について紹介します。

お酒が飲めなくても水商売はできる!?

水商売のお店で働きたいけど、お酒が飲めないから無理!と悩んでいる人もいるかと思います。
しかし、お酒が飲めなくても水商売の仕事をすることは可能です。
実際に夜の世界では、お酒が弱い人やお酒を一滴も飲めない人も存在します。
歌舞伎町のナンバーワンキャバ嬢と言われた愛沢えみりさんは、お酒が全く飲めない体質だったと言います。
た愛沢えみりさんはノンアルコールを飲んで、キャバクラ界の頂点にたどり着きました。
また、カリスマホストとして知られるローランドさんも、お酒は一切飲まないと公言しています。
ローランドさんの場合はお酒は飲めるようですが、あえてお酒を飲まないで接客をしていたようです。
キャバ嬢やホストのナンバーワンは、必ずしもお酒が強いとは限らないのです。
お酒が飲めなくても、お客さんを楽しませる工夫をすれば売れっ子になれる可能性があります。

理解があるお店を選択する

お酒が飲めないが水商売で働きたいという人は、理解があるお店を選ぶことが重要になります。
面接時には、お酒が飲めないことをしっかりと伝えましょう。
一言でお酒が飲めないと言っても、一滴も飲めない人や一杯ぐらいは飲める人など程度は様々です。
お酒が飲めなくても「この子は頑張って売り上げに貢献してくれそう」とお店が判断すれば、採用されることは十分にあります。
またキャバクラの場合、お酒が飲めない女の子にフェイクドリンクを出して対応してくれるお店があります。
フェイクドリンクはとは見た目はお酒に見えるけど、実際はノンアルコールドリンクのこと。
スタッフの協力があることで、お客さんにバレずにドリンクを飲むことができます。
ある程度お酒が飲める人でも、キツイときにはフェイクドリンクで乗り切ることもあるようです。
ただし、ボトルを注文したときは、目の前で作らないといけないのでフェイクは通用しません。
そのときは、正直にお客さんにお酒が飲めないと伝えましょう。
お酒が飲めないだけで、極端に嫌がるお客さんはあまりいないので大丈夫です。

お酒が飲めないからこそ、接客に力をいれる

お酒が飲めないなら、それをカバーする接客やスキルが大切になります。
人気のキャバ嬢やホストに共通する強みは、会話術のレベルが高いこと。
タイムリーなニュースやマニアックの話題など、ありとあらゆる話題に対応できる会話術を身につけましょう。
また、基本的な接客マナーをしっかりとやることは売れっ子になる絶対条件です。
おしぼりをキレイにたたんだり、グラスの水滴を拭いたり、タバコに火をつけたり・・・。。
基本的なテーブルマナーができていれば、お客さんだけではなくお店からの印象もアップします。
また、お酒を飲んでいないシラフの状態についてもメリットもあります。
お客さんの情報を覚えやすく、顔や名前、会話に出た内容などを書き留めることができます。
酔っている人よりシラフの方が圧倒的に有利なので、情報をうまく利用して指名に繋げましょう。

美味しいお店でお酒を飲みながら、お小遣いが稼げるギャラ飲み!

空いた時間にお小遣いが稼げるギャラ飲みを利用してみませんか?
ギャラ飲みサービスを展開する「はなたば」なら、安心安全にお金を稼ぐことができます。
・充実した運営サポートがあり、当日の面倒なお金のやり取りは一切なし。
・最低でも4200円が保証され、深夜手当もあり。
・顔出し不要で、見バレの心配もなし。
いつもの飲み会をギャラ飲みに変えて、お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか?


新規登録はこちら