なぜZenlyが流行ったのか? | 共通記事 | コラム | スマート飲み会はなたば

スマート飲み会 はなたば

なぜZenlyが流行ったのか?

2022.05.16

SNSカップルデート恋愛

あなたは友達や恋人の居場所を常に把握したいと思いますか?
相手の位置情報を知ることができるアプリが、今10代の若者たちに流行しています。
そのアプリの名は「Zenly(ゼンリー)」。
今回は、「Zenly(ゼンリー)」が若者に流行っている理由を紹介します。

Zenly(ゼンリー)とは?

「Zenly」は、フランスで開発された位置情報共有アプリです。
日本でサービスが開始されると高校生や大学生の間に広まり、多くの若者に大流行しました。
「Zenly」では登録したフレンドに対して、現在の位置情報や滞在時間、移動速度やスマホの電池残量を知ることができます。
友達が今どこにいて、どこへ向かっているのかをリアルタイムで把握することができます。
大人の方から見たら、使うことを避けたいアプリですよね・・・。
常に監視される生活は、窮屈で嫌だという人も多いはずです。
しかし、10代の若者の間では、なぜか大流行しています。

Zenly(ゼンリー)が流行る理由

なぜ「Zenly」は、10代の若者に流行っているのでしょうか?
ここからは、若者が「Zenly」を使用する要因を紹介します。

待ち合わせに使える

友人や知人と会う時は、時間や場所を決めてから会うのが一般的です。
約束の時間までに準備をして、時間になったらその場所に集合しますよね?
しかし、10代の若者は友人と会う約束をするとき、正確に時間を決めないケースが多いと言います。
友達が集合場所に向かい出したら、自分もその場所に向い出す。
「今この辺にいる」ということを連絡しなくても、「Zenly」があれば友達の位置を常に把握することができます。
もし友達が場所を変えたら、自分もアプリを見ながらその場所に向かえば良いのです。

相手の様子を伺いながら誘うことができる

「Zenly」を使えば、相手の滞在時間を知ることができます。
「友達と遊びたい」と思ったら、友達が自宅に何時間いるかを確認します。
友達が自宅に何時間も滞在していたら、誘えば遊べる可能性は高くなります。
自宅にいて暇しているなら「友達を誘おう」となる訳です。
また、友達が出かけていることも分かるため、誘うことを諦めることもできます。
相手の状況を把握してから、遊びに誘うことが10代の誘い方なのです。

浮気防止

このアプリ、海外では子供の安否確認に使われたりしているのですが、カップルで使うと「浮気防止アプリ」に早変わり。

こうなると予定は全部事前申告制、申告外の時間に申告外の場所にいたら全て「聞いてないし誰と何してるの?」ということに。
もちろん位置情報をアプリ内に送信しないこともできるのですが、それはそれで「なんで位置情報消してるの?」と疑われそう。
カップルでZenlyを始めたら最後、もうあなたに自由はないと思ってください。

常に繋がっていたい

10代の若者たちは「常に誰かと繋がっていたい」という願望があると考えられます。
現代のSNSでは、誰が何をしているかが共有できる時代です。
「友達は今~をしている、あの子は今~にいる、あの子は今~を呟いている」
スマホでSNSをチェックすれば、誰かが何かをしていることがすぐに分かります。
場所が離れていても、SNS上で友達と常に繋がることができます。
相手の居場所を常に知ることで「友達と繋がっている」と喜びを感じています。
プライベートを共有する文化こそが、若者の文化と言えるでしょう。

友達と一緒にギャラ飲みでお小遣いを稼ごう!

空いた時間にお小遣いが稼げるギャラ飲みを利用してみませんか?
ギャラ飲みサービスを展開する「はなたば」なら、安心安全にお金を稼ぐことができます。
・充実した運営サポートがあり、当日の面倒なお金のやり取りは一切なし。
・最低でも4200円が保証され、深夜手当もあり。
・顔出し不要で、見バレの心配もなし。
いつもの飲み会をギャラ飲みに変えて、お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか?


新規登録はこちら