LINEで
始める

スマート飲み会 はなたば

ギャラ飲みは本名じゃないほうがいい?!偽名の付け方は?

2022.06.25

ギャラ飲みギャラ女子テクニック

ギャラ飲みでは空いた時間に飲み会に参加して、お小遣いを稼ぐことができます。
そんなギャラ飲みに参加する女子たちは、副業のことを周囲に秘密にしている人も多くいます。
彼女たちがギャラ飲みで唯一心配することは「身バレ」。
身バレの対策として、ギャラ飲み女子たちは偽名を使う人もいます。
今回はギャラ飲みでは本名ではなく、偽名で参加した方がいいのか?について紹介します。

ギャラ飲みで本名じゃない方がいい理由

ギャラ飲みに参加する女子は、本名で参加している人もいれば、偽名を使って参加している人もいます。
偽名を使っている女子は内緒で副業をしているため、会社や学校にバレないようにギャラ飲みに参加しなくてはなりません。
偽名を使用する理由はほかにも、ギャラ飲みにおけるリスクを避けるためでもあります。
ここでは、本名でギャラ飲みに参加するリスクを紹介します。

SNSで身バレするリスク

現代の情報化社会では個人情報がわかれば、すぐにSNSやネットを利用して本人を特定することが可能です。
TwitterやInstagramのアカウント名から本名を推測し、入手した情報と照らし合わせることで本人と特定します。
SNSからプライべートな情報を見られ、写真からあなたの住居まで判明される危険性もあります。
そこから会社や学校にギャラ飲みをしていることがバレることも・・・。

ストーカー被害に遭うリスク

ギャラ飲みで出会った男性が、あなたに本気で恋をした場合は危険です。
男性はあなたとどうにかして接点を持ちたいために、本名から住所を調べる可能性があります。
特定された住所に待ち伏せをして、ストーカーに変貌する危険性も・・・。
お小遣い稼ぎで始めたギャラ飲みで、危険な目に合うことのないように本名は隠しましょう。

脅されるリスク

ギャラ飲み女子は、周囲に内緒でギャラ飲みに参加している人が多くいます。
そのことを逆手にとって、個人情報を掴まれると「周囲にバラすぞ!」と脅される危険性があります。
匿名で会社や学校に告げ口をされたり、ネットの掲示板などで本名を書かれることも・・・。
個人情報を悪用されて、間接的に被害を与えようとする人もいるので、身バレには十分に注意してください。

おすすめの偽名のつけ方

本名でギャラ飲みに参加する危険性は理解できたかと思います。
いざ偽名を考えてたとき、どのような偽名にするか迷う人もいるかと思います。
ここでは、偽名のつけ方のポイントを紹介します。

本名に似ている名前

本名に似ている名前をつけることで、相手から名前を呼ばれたときに反応しやすいメリットがあります。
本名から名前の一文字を変えてる程度がおすすめです(「みか」→「みな」など)
あまりかけ離れた名前だと自分が反応できないため、相手に怪しまれる場合があります。

自分のイメージに近い名前

自分のイメージに合った名前を選ぶのも重要です。

どんなに素敵な名前を考えたとしても、あなたの顔や雰囲気と一致しなければ違和感が出てきます。
可愛い系キャラなのに、クールな名前をつけるとあまりしっくりとしません。
顔と名前のイメージが一致すれば、相手に印象を与えることができ、リピート率も増える可能性があります。

ニックネームのような名前は×

明らかに偽名と感じる名前は避けましょう。
「愛咲」や「椿」などのキャバ嬢の源氏名のような名前は、本名ではないことがバレてしまいます。
本名じゃないことが相手に分かってしまうと「本当の名前は何?」と、しつこく聞かれる可能性があります。
難しい読みや漢字は避けて、できるだけ一般的な偽名にしましょう。

美味しい食事やお酒を味わいながらお小遣いを稼ごう!

空いた時間にお小遣いが稼げるギャラ飲みを利用してみませんか?
ギャラ飲みサービスを展開する「はなたば」なら、安心安全にお金を稼ぐことができます。
・充実した運営サポートがあり、当日の面倒なお金のやり取りは一切なし。
・最低でも4200円が保証され、深夜手当もあり。
・顔出し不要で、見バレの心配もなし。
いつもの飲み会をギャラ飲みに変えて、お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか?


コラム一覧へ